ご利用者インタビュー
  1. ホーム
  2. ご利用者インタビュー
  3. 横浜市在住 Sさん

DJ経験者ながら評価は未経験からスタート

横浜市在住 Sさん (38歳)

現在の仕事
DJ機器の評価(ミキサー、ターンテーブル)

現在の仕事に就いたきっかけは、“趣味だったDJ”

前の職場で、希望しない部署への異動が今後発生するかもしれないと知り転職活動を始めたのですが、ある日、インターネットの求人を覗いていたら、“DJをやっている人大歓迎”という文字が目に飛び込んできました。長年、趣味でDJをやっていて関東大会にも出たことがあり、“DJ機器の評価”という仕事に大いに興味を持ちました。専門に勉強しなければ就けない仕事ではないか?とも思いまいしたが、興味の方が勝って、ダメ元で話を聞くだけ聞いてみよう!と、テクパスに問い合わせしました。

未経験でも趣味を生かせることが楽しくて夢中に

現在、ターンテーブルやミキサーなどの音楽機材製品の評価を担当しています。この仕事に就く前から個人的に使用していた機材も多く、「DJとしてはボタンの位置が微妙にずれていることで操作がしづらい」など、実際のユーザーと同じ目線で、テストや評価をすることが出来ました。

また、評価の仕事をする上で、慣れていないPCを用いることになりましたが、自身でも同じPCを購入し自宅で実際に触って覚えるなどして、実力を高めることも欠かさずに行っています。

製品部門の「精度が上がる」という声が大きな喜び

現在、勤務させて頂いている会社では、ユーザー目線の評価部隊がおらず、どちらかというとプロダクト目線からの仕様が多かったのですが、DJとしてのユーザー目線で、細部に至る部分までしっかりと評価しお伝えすることにより、製品部門から「お陰で精度が上がった」という言葉を頂くことが次第に増えていきました。今では「DJとしてはこの点がやりにくい」という事を伝えると、すぐに検討してくれて、コロッと仕様が変わったりすることもあります。実際に使用するユーザーがトラブルなく使いやすい製品づくりを目指しています。

困ったことをすぐに伝えられる信頼できるATS(テクパス)コンサルタントとの関係

元々、DJ経験者だったものの評価に関しては未経験だった私を、ATSのコンサルタントが現在の会社へ強く推薦してくれました。また、「評価という仕事がどのようなものなのか?」などを細かく教えてくださったおかげで不安なく就業をスタートすることができました。

現在は就業をスタートしてから2年半になりますが、ずっと私を担当してくださっているコンサルタントの方は、私から何か相談すると熱心にしっかり対応してくれます。また仕事以外の時間でも食事に行く機会もあり、距離感近くコミュニケーションがとりやすい環境を作っていただいているので安心して本来の仕事に打ち込むことができています。

ページトップへ